FC2ブログ

究極のウエディングドレスを探せ! > ウエディングドレス カタログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス 引き出物はカタログで選ぶ時代です!

カタログギフトを、結婚式の引き出物に送ろうと思っています。

選んでいただいた後にフォトスタンドになるものもあるんですよ。

とってもお洒落と思いませんか?

それに、温泉利用券やティークルージング、エステ、フェイスリフレそして英会話教室などの体験コースがたくさんあるんです。

喜んでいただけそうな感じですよね!

かさばらないので持ち帰りがラクですしね。

そして、何より見ていて選べる楽しみがいっぱいです!

それぞれにご挨拶やメッセージカードもつけられるし、アフターフォローも万全みたいです。


ウエディングドレスやブーケをカタログで選ぶと、失敗することがありますよ。

カタログと実際のものとのギャップが激しいと感じたときは、まず失敗でしょうね。

実際、手にして見なければわからない部分がたくさんあります。

でも逆に、ギフトをカタログにすると欲しくないものを差し上げてしまう結果にならなくていいですよね!

味気ない、面倒くさい、なんていう人も中に入るかもしれませんが。

カタログを出しているショップも数多くあります。

でも、それを選ぶためにカタログをもらってきたり、ネットで調べたりする作業は慎重にやらなくてはいけませんネ。


スポンサーサイト

ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス カタログで吟味する!

ウエディングドレスカタログにはたくさんのドレスが載っていていますよね。

レンタルドレスにオーダードレス。

これからウエディングドレスを決めようとする花嫁さんは、おそらくたくさんのウエディングドレスのカタログを集めて、片っ端から吟味するのではないでしょうか。

ただ眺めているだけではなく、ちょっと視点を変えてみることが大事です。


まずは自分がイメージする型を決めて、色を決めて、全体的なイメージはとっても大事です。

もちろん、値段も大事な判断基準になりますよね。

あまりにもたくさんのカタログの中から、選ぶわけですから、見れば見るほど迷ってしまうこともあるでしょう。

ウエディングドレスのカタログでは、ウエディングドレスの生地の質感や実際の発色、縫製など、細かい部分までは見ることができません。

ウエディングドレスのカタログを参考にしながら、最終的にはきちんとショップに行って、細かいところまで確認しながら、素敵なドレスを選びましょう。


一生に一度、式の主役は花嫁さんです。

素敵なドレスとの出会いがあるといいですね!


ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス カタログで選ぶ

ウエディングドレスカタログって、どれを見てもとても素敵!

でもたいていの場合、モデルさんが外国人だったり、手足の長いモデルさんだったりして、どんなデザインでも素敵に着こなしていますよね。

だから、どれを見てもため息が出るほど素敵です。

神田うのさんプロデゥースのシェーナ・ドゥーノのウエディングドレスは、うのさん自身がモデルになっているので、衣装がとても映えて、素敵です。

実際に自分が着てみると、似合わなくてがっかりすることも多いんですよね。

カタログで探して試着して・・・を繰り返しています(笑)

カタログ販売しているウエディングドレスや、ネットのカタログで販売しているネットショップもあります。

でも、それってちょっと怖い感じ。

というのも、実際に着てみることが何よりも大事だと言うことです。

カタログの発色と実際のものが違うことも多いです。

何より着る人によってイメージってとても変わるものだから・・・。

自分に似合ったドレスを探すのって、大変だけれど、楽しい、幸せなひと時です!


ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス カタログギフトって知っていますか?

ウエディングドレスカタログで選ぶ時代になりました.

それと、一般の引き出物も、カタログギフトにする人が最近多くなっているように思います。

カタログギフトとは、贈り主が予算に合せてカタログを贈り、先方にカタログから欲しい品を選んでいただくギフトです。

カタログギフトの価格には、カタログ代の他に挨拶状やのし・包装紙、先方のご自宅までご希望の商品をお届けする送料なども含まれています。

最近、アルバム型のカタログギフトの人気が急上昇しています。

これは、商品を選んだ後は、そのまま結婚記念などのフォトアルバムとして利用できるおしゃれなカタログギフトです。

ギフトはブランド品はもちろん、クルージングや乗馬・陶芸・ネイルサロンなどの体験コースを含む豊富な品揃えで、送る側のセンスが光るものになっています。

贈り物は本当に難しいですよね。

万人が満足するものは、意外と少ないんですね。

不要になって押し入れの奥底に仕舞い込んだり、フリーマーケットに出してしまった鍋やカップって、数多いはずです。

先方に欲しいものを選んでいただける・・・というのがとにかく一番ですよね!

物を記念に残すという感覚から、楽しんで思い出に残してもらうという、相手本位の考え方に変わってきているのでしょうね。

とてもいいことだと思います。


ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス カタログを上手に使おう!

ウエディングドレスカタログって、見てるだけで楽しくなりますよね。

モデルさんも素敵だし、何よりもプロのカメラマンさんが撮っているからとてもキレイです。

自分のイメージを作るのにまずカタログを見て参考にする人、その逆に自分のイメージを考えてからカタログで確認する人、カタログの使い方は人それぞれだと思います。

気をつけなければいけないのは、カタログと自分の姿を重ねてしまうこと(笑)

体型も違えば、雰囲気も違うので、カタログで見たドレスと実際に着てみるのとはかなり違う!なんていうこともよくある話です。

ウエディングドレスやカラードレスはカタログを上手に使って、自分のイメージに近いものを選びましょうネ!

カタログ同様、ネットで見るのも同じですね。

ムービーなどで実際に動いている姿を見ることができるショップもありますが、参考程度に見ておかないと失敗することにもなりかねません。

それにしても、神田うのさんデザインのウエディングドレスのカタログ。

うのさんがモデルをしているものが多いのですが、とってもスタイルが良くて、とっても素敵です。

実際に着てみるとちょっと違った印象になってしまうのが悲しいかも(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。